株式会社日建技術コンサルタント
NIKKEN GIJUTSU CONSULTANTS CO.,LTD.
site map
会社紹介 業務案内 最近の業務実績 採用情報 お問い合わせ
 

部門紹介 活躍中のリーダーからのメッセージ

水工技術部門

水工技術部河川防災部 統括部長 山下 淳(43) 技術士(総合技術監理部門-河川、砂防及び海岸・海洋) 技術士(建設部門-河川、砂防及び海岸・海洋)(建設部門-鋼構造及びコンクリート) 公共工事品質確保技術者(U)

 河川防災部は、河川グループ、地質防災グループ、施工監理グループを統合した部所です。業務範囲は、河川計画、河川構造物設計、砂防調査、砂防施設設計、急傾斜対策設計、地すべり調査観測、地質調査、発注者支援業務など多岐に渡ります。

■私たちは技術力を結集して人々の安全・安心を実現します
近年、集中豪雨や地震に伴う土砂災害や水害などの自然災害が多発する一方、高度経済成長期に構築された膨大な社会資本の老朽化が進行しています。私たちは、河川・砂防・斜面・地質・施工監理分野の幅広い技術力を結集し、自然災害に対する被害最小化のためのハード・ソフト対策業務に取り組み、人々の安全・安心を実現します。

■あなたの能力を大いに発揮してください
当社では、若手技術者を対象としたプレゼンテーション能力向上のための研修会や技術士受験強化対策研修会を実施しております。平成23年度は、建設コンサルタンツ協会近畿支部研究発表会において、若手技術者1名が優秀賞を受賞しました。また、毎年多くの若手技術者が技術士資格を取得しています。このような社内研修会に積極的に参加し、あなたの能力を大いに発揮してください。

東京支社都市施設技術部 チームリーダー 大江 拓己(35) 技術士(建設部門-河川、砂防及び海岸・海洋)

 社会資本とは、人々が豊かな生活と産業の生産活動を支える基盤です。今後どのような社会資本を整備するかは、その時代、社会のニーズにより異なります。

 我が国においては東日本大震災のような大規模地震や大津波、地球温暖化等の影響による大雨、集中豪雨の増加など水害・土砂災害に対する災害リスクは増大傾向にあります。それに加え人口減少、少子高齢化社会、都市化の進展等といった課題もあります。

 私は、河川・砂防分野(主に河川計画と河川・砂防構造物設計業務)に携わっています。安全・安心な国土形成のため、流域全体、地域特性、河川特性等様々な条件に留意しながら的確なソフト対策(氾濫シミュレーション、危機管理システム等)・ハード対策(施設設計)を検討し提案しています。

 なお、東京支社都市施設技術部は、様々なニーズに対応するため、道路・橋梁、河川・砂防を専門とする技術者により、道路・橋梁、河川・砂防の調査、計画、設計、維持管理など様々な業務に取り組んでいます。

 あらゆる技術分野であなたの活躍の場を用意していますので、我々と一緒に人々の安全・安心を実現しましょう。

水工技術部管路設計部 下水管渠グループリーダー 鎌倉 浩仁(38) 技術士(上下水道部門-下水道) 公共工事品質確保技術者(U)

 私の所属する管路設計部では、近年多発した災害時にその重要性が再認識されたインフラの一つである上下水道事業に関連して、主に上下水道の管きょ布設に関する設計業務に携わっています。そのような社会的貢献度の高い業務に携わっていることに日々責任を感じるとともに、その構造物が主に地中であるため目には見えにくいものですが、誇りを持って業務に取り組んでいます。このように私たち建設コンサルタントは、社会資本整備を支援する知的技術集団であり、社会に貢献できるよう日々努力しています。

 建設コンサルタントというと、いわゆる土木系技術者の専門職のように思われがちですが、実際はそうではなく、電気系、機械系、建築系など多岐にわたる各分野の専門技術者が連携をとり、協力しながら一つの業務を行っていくという事業も多々あります。このように当社のような総合建設コンサルタントでは土木系のみならず、あらゆる分野においてあなたの活躍の場が用意されています。

 建設コンサルタント業務においては、事業に対する情熱、仕事を行っていく上での誠実さ、責任感、また高い提案力、問題解決能力、高いコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力など、いわゆる一般的に技術力といわれるもの以外の能力が非常に重要になります。この能力がなければいくら技術力が高くても、他者に意志が伝わらず計画が実現しません。またその成果が直接社会貢献につながるので、仕事のやりがいは非常に大きいものになると思います。

 また、当社においては技術士などの資格取得支援制度があり、それを利用して近年では若くして技術士を取得する社員が増加しています。あなたのキャリアアップに直結することも当社の魅力の一つだと思います。

河川防災部グループリーダー 上岡徹也(41) 技術士(総合技術監理部門-道路)(建設部門-道路)(建設部門-河川、砂防及び海岸・海洋)(森林部門-森林土木)公共工事品質確保技術者(U)

 平成2年度より、主に斜面防災対策設計や河川砂防設計を実施して参りました。特に、私が得意とする斜面崩壊対策や地すべり対策は、道路等のインフラに与える影響は甚大であるため、迅速かつ正確な調査・設計が必要になります。これらの業務を通じて地域社会の安全・安心を確保することは、私にできる最大の社会貢献であり、事業コスト最小、事業効果最大を常に目指して尽力している次第であります。

 また、このような責任の重い仕事を担当できることは、私にとって大変な誇りであると同時に、その重責に負けそうになることも多々あります。この様な時、頼りになるのが仲間であり、頼もしい後輩達であり、連携部門の同僚達であります。私達、一人一人の技術力では立ち向かえない難題も、信頼関係に裏付けられた協働によって乗り越えることは可能となり、その達成感は素晴らしいものとなります。

 私は、建設コンサルタントにおいて技術者として働くことは生半可な決意では不可能であることを断言するとともに、その決意や、情熱、向上心をもって新たな仲間となる者に対しては、責任をもって一人前の技術者になってもらうために尽力いたします。技術力を身に付け、社会資本整備や社会貢献をしてみたいと考えているなら、是非、私達と一緒に、この日建技術コンサルタントであなたの力を活かしてください。

前へ 採用情報トップへ 次へ
Copyrights(c)Nikken Gijyutsu Consultants Co.,Ltd page top