株式会社日建技術コンサルタント
NIKKEN GIJUTSU CONSULTANTS CO.,LTD.
site map
会社紹介 業務案内 最近の業務実績 採用情報 お問い合わせ

環境調査

確かな技術による未来への環境継承

大 気 汚 染

我が国の大気汚染の現状は、二酸化硫黄(SOx)、一酸化炭素(CO)などは比較的良好な状況にあるものの、特に都市部を中心として二酸化窒素(NOx)、(NO2)浮遊粒子状物質(SPM)等の環境基準達成率は低い水準となっています。
当社では、各種大気測定装置(NOx、SOx、CO、SPM、O3 他)を保有しており、付加装置として電話回線を用いた送受信システムや多チャンネルの
データロガーを導入するなど、データ解析を正確かつ迅速に行うことに努めています。

kankyou_04

kankyou_05

気 象 観 測

当社では、各種気象観測装置を保有しており、大気質調査等の環境調査に関連して行う気象観測の他、工場の排煙拡散に係る上層風の特性を調査するための高層気象観測にも対応しております。ここで得られた様々なデータを的確に解析し、排煙拡散シミュレーションでは適切に取り入れ地域、地形特性をふまえた環境影響評価を実施しています。

水 質 汚 濁

水と物質の循環に関して、河川、湖沼、地下水、海域などの水質、流量、水位、底質、雨量、海象等を定量的に観測します。 その成果は、様々な事業の計画立案をはじめ、工事の実施及び管理等の環境監視資料、国土調査等の基礎資料としても広く利用されています。

kankyou_06

騒音・振動・低周波音

騒音、振動の発生源は多岐にわたっており、都市部では、人口が過密の上に住宅・工場が混在し、また、幹線道路に近接した地域が多いことから騒音や振動による問題が発生しやすい状況にあります。道路や建物の建設、解体工事では大型の機械を使用するため大きな騒音が発生し、また、振動を伴うことも多く、周辺住民の生活環境に大きな影響を与えるケースが多くなっています。

kankyou_07

kankyou_08

土 壌 汚 染

土壌汚染調査は、法や条例で義務づけられた調査から自主調査など様々なケースをきっかけとして実施されるようになりました。
当社では、調査対象地における資料等調査(フェーズⅠ)から、土壌ガスオンサイト分析、表層土壌採取及びボーリング等の現地調査(フェーズⅡ)、公定法による室内分析までを一貫して対応させていただくことにより、土壌汚染状況の迅速な報告、汚染修復計画を的確に提案します。

悪  臭

悪臭は騒音や振動とともに感覚公害といわれ、悪臭に係る規制は個別物質の濃度規制から複合的な臭気、人の感覚に応じた臭気指数での規制に移行しています。
当社では臭気指数(嗅覚を用いた測定法による基準)、悪臭防止法で排出規制の対象とされている特定悪臭物質(22 物質)の濃度測定を行っています。

kankyou_09

業務案内トップへ
カテゴリー
Copyrights(c)Nikken Gijyutsu Consultants Co.,Ltd page top